*

-生命保険の解説-

ホーム > 生命保険ナビ > 医療保険 > 医療保険契約時のポイント

医療保険

医療保険契約時のポイント

医療保険は全ての保険会社が取り扱っているわけではありませんので、最初に医療保険を取り扱っている保険会社を選びます。

医療保険は医療に関する保障を単体の保険で補償するものですから、死亡保障はないかあっても少額です。この点をよく考えて、自分や家族にとって医療保険が必要かを判断してください。

死亡保障が必要な一家の大黒柱の方なら、殆どの方が死亡保障に付いての保険に加入していると思います。この生命保険に医療特約としてつけるのか、あるいは医療保険として別途に単体で契約するのかを選択します。
また、お子さんなど高額な死亡保障を必要とせず、入院や手術に対する保障を必要とする方もいます。

医療保険の特徴は医療特約と比べて、入院日数の1日目から入院給付金が支払われるなど、自由度の高いことが上げられます。
また、終身型とした場合、死亡保障に特約としてつけた場合に比べて保険料は安くなります。

相続税対策などで高額の終身死亡保険が必要な方は別として、通常終身では高額な死亡保障は必要ありませんが、医療保障は終身で受けたいと考えているかたが増えています。
こうした場合、死亡保障とは切り離して、医療保険に単体で加入するメリットがあります。

お子さんなどは死亡保障よりも入院や手術などの医療保障がより重要です。無駄に高額な死亡保障をかけるよりも、医療保険に単体で加入する方が良いでしょう。

契約の際の注意点

1.入院給付金の支払いが希望の入院日数(例えば1日目から)で支払われるか。
2.入院給付金の支払いの継続日数が希望にあっているか(360日、1000日など)。
3.死亡保障の有無(必要が無ければつけない)。
4.保険料は契約後一定額か、年令が上がることにより保険料も上がるのか。
5.「特約」をつけることで、自分のニーズにより合う保険とすることが出来るか。

などがあります。

ご自分のニーズにあった医療保険を選ぶことが大切です。
契約の際には、1社だけでなく複数社から見積書をとったり、説明を受けると良いでしょう。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5