*

-自賠責保険の解説-

ホーム > 自賠責保険ナビ > 自賠責保険の支払いの方法 > 内払金、仮渡金制度の利用法

自賠責保険の支払いの方法

内払金、仮渡金制度の利用法

内払金、仮払金はともに加害者の加入している自賠責保険会社に対して請求します。どちらも被害者救済のためのものです。

内払金 は傷害の通院や入院で治療継続中、治療費、看護費、休業損害が10万円を越えたと確認されたとき、請求することが出来ます。死亡や後遺障害に対しては支払われません。
支払われる金額は10万円単位です。

仮渡金 は、被害者の当座の出費にあてるため、死亡の場合290万円が支払われます。傷害の場合は程度に応じて5万円、20万円、40万円の一定額が支払われます。

請求に必要な書類は下記の通りです。
自賠責保険金請求書
交通事故証明書
事故発生状況説明書
印鑑証明
診断書
休業損害証明書(必要な場合)

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5