*

-自賠責保険の解説-

ホーム > 自賠責保険ナビ > 自賠責保険のあらまし > 補償内容


自賠責保険のあらまし

補償内容

自賠責保険の保険金(賠償金)の最高限度額は、1事故1名につき、死亡3000万円、後遺障害は障害の程度に応じて75万円~4000万円、傷害120万円と決められています。

1回の事故で複数名の被害者が出た場合は、それぞれの被害者に対して、上記の限度額を上限に保険金が支払われます。
また、保険期間中、複数回の事故を起こしても、そのつど上記の限度額を上限に保険金が支払われます。

被害者に重大な過失がある場合は減額され、特に重大な過失があるときには保険金は支払われません。

自賠責保険は人身事故のみに対して保険金が支払われます。
物損事故の損害に対しては保険金は支払われません。

補償の範囲
死亡の場合は、治療費、雑費、葬儀費、死亡による逸失利益、慰謝料等が対象となります。

傷害の場合は、治療費、雑費、休業損害、後遺障害の逸失利益、負傷と後遺障害の慰謝料が対象となります。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4