*

-任意保険の解説-

ホーム > 任意保険ナビ > 保険が使える時、使えない時

飲酒運転、酒気帯び運転

飲酒運転の罰則強化以降、酒気帯び運転の基準値のアルコール濃度が0.15ミリグラムにまで引き下げられたことで、飲酒運転と酒気帯び運転の検挙数は増加しています。これは飲酒運転と酒気帯び運転をするドライバーが多いと言うことが分かりますが、では飲酒運転と酒気帯び運転をしているときに交通事故を起こしたとき、自動車保険は使えるのでしょうか。...

>>続きを読む...

車両保険が使えない事故

車両保険をエコノミー特約+限定A特約で契約した場合、当て逃げなど相手の分からない交通事故では保険金が支払われません。これは当て逃げだけではなく、交通事故の際に相手を十分に確認せず口頭だけですませてしまい、後で誰だか思い出せないような場合も当てはまります。...

>>続きを読む...

年令制限に注意

自動車保険を契約する際に年令制限を付けると保険料が安くなりますが、免許を取れる年令の子供がいる場合は注意が必要です。親が知らない間に免許を取得して、勝手に自動車を運転するようになるかもしれません。...

>>続きを読む...