*

-任意保険の解説-

ホーム > 任意保険ナビ > バイク保険 > 自賠責保険の契約切れに注意

バイク保険

自賠責保険の契約切れに注意

250cc以下のバイクと原付で自賠責保険の契約が切れたままで走っているバイクを多くみかけます。
クルマや中型以上のバイクなら車検を受けるには自賠責保険への加入が必要ですから自賠責保険の契約切れは殆どありませんが、250cc以下のバイクと原付には車検が必要無いため、購入の時に自賠責保険に加入しただけで、以後契約の更新をしないため契約が切れたままとなるようです。

自賠責保険は法的に加入が義務づけられている保険なので、別名「強制保険」とも呼ばれていますが、その趣旨は交通事故の被害者に最低限の金銭的補償を行うことにあります。

自賠責保険に未加入のまま自動車や原付を運転すると 1年以下の懲役、50万円以下の罰金、交通違反減点6点 の処分を受けます。
未加入には当然、契約期間が切れてしまっている場合も含まれます。

契約切れ防止の1つの対策として、自賠責保険の契約期間を最大限の5年間としておく方法があります。
1年契約から5年契約まで、自賠責保険は1年単位で契約期間を選べますが、年数が長くなるほど1年あたりの保険料は安くなります。
自賠責保険は廃車にした時は、契約の残り期間の保険料は返還されます。
また、バイクを売る際には、一般にとられている車検の必要のないバイクの売買方法は、一度バイクの廃車手続きをしてから、新しい持ち主の名義で再登録をします。
この場合も契約の残り期間の保険料は返還されます。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5