*

-任意保険の解説-

ホーム > 任意保険ナビ > 自動車保険の各種の特約 > 自由化以降の新しい特約

自動車保険の各種の特約

自由化以降の新しい特約

保険の自由化以後、損害保険各社からいろいろな特約がでました。
これまで補償されなかった損害を補償できるようになったり、特約をつけることで保険料を安く抑えたりすることが出来ます。
各特約については、保険会社によって違いがあるので、契約の際に必ず確認してください。

等級プロテクト特約

交通事故を起こして保険を使っても、1回だけなら翌年の等級が下がらないという特約です。
等級が16等級などあがっている方が事故にあわれた場合、翌年以降の等級のアップとそれに伴う保険料のアップを気にしながらの示談交渉となりますが、この特約をつけていれば安心です。

子供特約

記名被保険者の若い子供が自動車を運転するとき、この特約をつけることで、通常なら年令制限を外して全年齢を担保する契約として高い保険料となるところ、比較的安い保険料で子供の事故を補償してくれます。

代車特約

交通事故で自動車が修理などで使えなくなったとき、同クラスの自動車のレンタカー代を支払ってくれる特約です。
保険会社や事故の際、代車の費用を認めない場合が多いですが、この特約をつけていれば、示談交渉で代車費用を出す出さないでもめることはなくなります。

新車取得費用担保特約
通常、交通事故の際に車両保険からの補償はその自動車の時価額が上限ですが、この特約をつけることで、契約時に設定した価格を限度として新車の購入費用の補償を受けられるようになります。
年式の新しい車を所有している方にお薦めです。

身の回り品担保特約

車内やトランクに積んである個人の所有物が交通事故で損害を受けたときに補償してくれる特約です。
カメラや携帯パソコンなど比較的高額なものを車に積む機会の多い方にお薦めです。

弁護士費用等補償特約

民事訴訟となった際にかかる弁護士費用を補償してくれる特約です。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 

1 2 3 4