*

-任意保険の解説-

ホーム > 任意保険ナビ > 自動車保険のあらまし > 人身傷害補償保険

自動車保険のあらまし

人身傷害補償保険

交通事故で自動車保険の契約者が死亡したり、後遺障害を負った場合や傷害(けが)を負った場合、契約時の限度額を上限として契約者の過失責任の有無を問わず100%補償する保険です。

過失を問わず、自分が契約している保険会社から保険金を受け取ることが出来ます。

これまでは、被害者の過失0:100加害者の過失の場合、被害者は自分が契約している保険会社の示談交渉サービスを受けることが出来なかったので、被害者自身が加害者の保険会社と示談交渉を行わなくてはなりませんでした。

人身障害補償保険は実際の損害額を加害者との示談の成立を待たずに、自分の保険会社から保険金を受け取ることが出来るので、加害者と示談交渉をする必要がありません。

さらに、保険の対象となるのは契約者だけではありません。
契約者の家族が契約の自動車に乗っているときや、他の自動車に乗っているとき、歩いているときの事故も対象となります。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5 6 7 8 9