*

-任意保険の解説-

ホーム > 任意保険ナビ > 自動車保険のあらまし

自動車保険(任意保険)の必要性

任意保険は、自動車(車、バイク)や原付の所有者が万一交通事故の加害者となった場合、賠償資力を確保するために任意で契約する保険です。自賠責保険の死亡時の補償金額は最高で3000万円、後遺障害に対しては3000万円~4000万円ですが、現実の交通事故の被害者に対する賠償金はこれを大きく上回っているケースが殆どです。...

>>続きを読む...

対人補償(対人賠償保険)

交通事故により他人を死傷させ法律上の賠償責任を負った場合に、自賠責保険から支払われる保険金額を超えた部分を補償する保険です。最近では死亡や重度の後遺障害に対する賠償補償金額は1億円を超えることも珍しくなくなってきました。...

>>続きを読む...

対物補償(対物賠償保険)

交通事故によって、他人の財物に損害を与え賠償責任を負った場合の補償をします。自動車同士の事故の場合、相手の自動車の修理費はここから支払われます。...

>>続きを読む...

搭乗者傷害保険

交通事故の時、自動車に乗っていた運転者や同乗者が死亡した場合や後遺障害を負った場合、傷害(ケガ)を負った場合に補償する保険です。死亡、後遺障害、入通院に対して補償します。...

>>続きを読む...

自損事故保険

運転者自らが単独で交通事故をおこしたとき、その事故で運転者が死亡した場合、後遺障害を負った場合、傷害(ケガ)を負った場合に補償する保険です。また、単独事故ではなく相手がある自動車同士の事故の場合でも補償を受けることが出来る場合があります。...

>>続きを読む...

無保険車傷害保険

交通事故の相手が次のような場合に補償の対象となる保険です。1.自動車保険(対人賠償保険)に未加入の自動車。...

>>続きを読む...

車両保険

交通事故により自分の車が破損した場合の損害を補償する保険。交通事故だけでなく、バンパーをぶつけたり、雹が降ってきてボディーが破損した場合やボディーをいたずらで傷つけられた場合、火災、盗難、台風や洪水による損害も補償されます。...

>>続きを読む...

人身傷害補償保険

交通事故で自動車保険の契約者が死亡したり、後遺障害を負った場合や傷害(けが)を負った場合、契約時の限度額を上限として契約者の過失責任の有無を問わず100%補償する保険です。過失を問わず、自分が契約している保険会社から保険金を受け取ることが出来ます。...

>>続きを読む...

他車運転危険担保特約

他人の自動車を借りて運転中に交通事故をおこした場合に補償する特約です。通常は対人賠償保険、対物賠償保険に自動的に付帯します。...

>>続きを読む...