*

-交通事故の解説-

ホーム > 交通事故ナビ > 過失相殺 (過失割合) > 過失相殺の実際


過失相殺 (過失割合)

過失相殺の実際

過失相殺は過去の裁判の判例をもとにおおよその基本がありますが、1つ1つの事故について全てが基本通りの過失割合となるわけではありません。

交通事故は個々の事故によって過失割合が変化します。
以下は自動車の場合の過失の加算要素で、10%前後の過失が加算されます。

1.前方不注意
2.制限速度違反
3.ウインカーの出し忘れ、出し遅れ
4.黄色信号での交差点等への進入
5.大型車の右折
6.相手がバイクの場合
7.相手が初心者マークを付けている場合
などがあります。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 

1 2