*

-交通事故の解説-

ホーム > 交通事故ナビ > 物損事故 > 評価損(評価落ち、格落ち)

物損事故

評価損(評価落ち、格落ち)

交通事故で破損を被った自動車が、修理をしても無事故であった場合の査定額(下取り価格)に至らない金額、あるいは修理をしてももとの状態に完全には復元することが出来ない欠陥が残った場合や性能等の低下がある場合が評価損です。

損害保険各社は評価損について認めることは希ですが、裁判の判例で認められた場合があります。
事故車というだけで下取り価格が事実上、低くされる傾向がある事実を裁判所も少しずつ認めてきているようです。

評価損の金額の算定方法

これは1例ですが、財団法人日本自動車査定協会に有料で査定してもらう方法があります。
査定士が該当の事故車の査定を行い、中古自動車事故減価額証明を発行してくれます。

中古自動車事故減価額証明を発行してもらうには、まず自動車を持ち込む必要があります。
修理見積書の写し、事故発生場所・日時・状況、手数料が必要となります。

財団法人日本自動車査定協会のホームページはhttp://www.jaai.or.jp/です。

更新日:2004-10-10

<<前のページ | 次のページ >>

1 2 3 4 5 6 7