*

-交通事故の解説-

ホーム > 交通事故ナビ > 人身事故 > 事故の時に加害者がすること

人身事故

事故の時に加害者がすること

自動車を運転中に交通事故を起こし、事故の相手が死亡、もしくは傷害(ケガ)を負って入院や通院等の治療を必要とした場合が人身事故です。
人的な被害がない場合の交通事故や、自損事故は含まれません。

何をすればよいのか

1.被害者を助けましょう
自分に負傷が無く動作に支障がない場合は、まず被害者を助けましょう。

2.救急車を手配し警察に連絡します
被害者の負傷の状況に応じて必要なら救急車を呼び、警察に連絡します。

3.被害者の確認
被害者の負傷の状況によりますが、可能なら被害者の氏名や住所を確認します。

4.保険会社に事故の連絡
自動車保険を契約している保険会社の事故受付窓口か、損害保険代理店に事故の連絡を入れます。
このとき、必要なアドバイスをしてもらえます。

5.事故状況を確認
簡単でもかまいませんから、事故現場の見取り図を作っておくとあとで役に立つ場合があります。
信号の青赤、一時停止線の有無や位置、道路標識、駐車している車など、目に付いた物を書き留めてください。

6.目撃者の確認
目撃者がいれば証人となってもらえるよう、氏名や住所を教えてもらい、目撃者の事情が許せば警察が来たときに証言をしてもらいます。

7.警察官との事情聴取と確認事項
警察官が来たら事故の事情聴取を受けます。
その際に事故現場の住所を教えてもらいます。
また、被害者が救急車で搬送された場合は、搬送された病院を教えてもらいます。

8.被害者の病院へ行く
警察官の事情聴取など、事故現場でのすることを終えたら、被害者が搬送された病院へ急行します。
被害者をお見舞いし、治療費の支払いについて確認します。

その後について

賠償金等の示談交渉は保険会社に一任します。
加害者として、被害者へのお見舞いは欠かさないようにします。
事故を担当した警察署から出頭を求められますので、印鑑を持参して出頭します。

被害者と加害者の双方が納得すれば示談が成立します。
交通違反の点数が通知され、点数によって行政処分を受けます。
事故の重大さに応じて罰金刑、懲役刑、禁固刑が科せられます。

更新日:2004-10-10

 | 次のページ >>

1 2 3 4 5 6 7 8 9